映画『サプライズ』ネタバレあらすじ・考察まとめ!ちょっと変わったホラー映画

『サプライズ』は2011年にアメリカで製作されたスプラッター映画です。

監督は「The Guest」のアダム・ウィンガード。

アダムと組んでいる脚本家のサイモン・バレットの、ベタを踏襲しながらも斬新で且つ爽快な脚本が最高で、この2本は特に面白いです。

この『サプライズ』、先に言わせていただきますと、冒頭の4分間が死ぬほどダサいです。

誰かに脅されて入れ込まざるを得なかったのではないかと考えてしまうほど、残りの1時間25分の面白さとのギャップがとてつもありません。

それ以外のシーンがもうスーパー最高レヴェルで面白いだけに、この冒頭の4分の謎は解明されないまま今日に至ります。

なのでどうか、タイトルインまでの4分で見限って離脱いたしませんように、どうか4分間の我慢を切に願います。

この映画、本当に面白いんです。

なので、冒頭4分間は無かったものとして考察していきますね。

『サプライズ』惨劇の舞台は別荘

ある夜、エリンは彼氏のクリスピアンの両親が所有する別荘に向かっていました。

初めてクリスピアンの家族に会うエリンは舞い上がっていますが、クリスピアンは何故か浮かない顔。

最初に別荘に到着したのはクリスピアンの両親、ポールとオーブリーでした。

明日は二人の結婚記念日、家を出た子供たちが久々に集まって二人の記念日を祝う予定です。

記念日前日、ポールとオーブリーが別荘に着くと何故かドアの鍵が開いていましたが、改装業者の閉め忘れだろうと深く考えませんでした。

次に到着したのはエリンとクリスピアン。

記念日前日に到着したのは4人だけです。

翌朝、長男のドレイクとケリー夫妻が到着。

クリスピアンは次男のようです。

オーブリーに牛乳を借りてきてほしいと言われたエリンが隣家を訪ねると、CDプレイヤーから『Looking For The Magic』という曲が大音量でリピートされていました。

何度かノックしてみたエリンでしたが、隣人は応答しません。

エリンはあきらめて別荘に戻りました。

その夜、長女のエイミーと彼氏のタリク、三男のフィリックスと彼女のジーが到着し、記念日のパーティーが始まりました。

楽しみにしていたエリンでしたが、この家族の不穏な空気を感じ始めます。

ドレイクは酒が入るとほかの兄弟だけでなく、タリクにも絡み始めます。

ドレイクはプライドが高く他人を上から目線でジャッジする面倒くさいヤツでした。

繰り広げられる兄弟喧嘩に耐えかねて、タリクが席を立ち窓辺に行くと、窓が割れる音がします。

その音に驚き全員がタリクを見ると、なんとタリクの眉間に矢が刺さっていました。

地獄の一夜の幕開け

タリクは即死、全員がパニックに陥ります。

すると間髪入れずに何本もの矢が家のなかへ打ち込まれます。

そのうちの1本がクソ野郎ドレイクの背中に刺さりました。(^^)

ここで、楽しくお酒を飲んでいたはずのエリンが豹変します。

極めて冷静に、てきぱきと全員に的確な指示を出し始めました。

エリンの指示通り、全員椅子を盾代わりにして窓の無いところへ避難します。

いつの間にか妨害電波を張られ、電話は通じません。

走りに自信があるエイミーが、ダッシュで隣家に行き助けを呼ぼうと提案します。

エイミーは震えながらヒールを脱ぎ、位置に付きました。

初速から猛ダッシュで走り出したエイミーがスローモーションで映し出されます。(ギャー!!!!!!!!)

全速力で家の外に飛び出したエイミーは、ぴんと張られたピアノ線に突っ込み、首を掻き切られ即死しました。

あまりのショックで倒れてしまったオーブリーを、ポールは2階の寝室に連れていきます。

一人になったオーブリーにキツネのマスクを被った何者かが忍び寄り、オーブリーめがけて斧を振り下ろしました。

エリンは今もなお冷静に対処を続けます。

キッチンの窓を施錠していると外からトラのマスクを被った何者かに斧で襲われますが、すかさず包丁で刺し返すとトラは逃げていきました。

ケリーが寝室で変わり果てたオーブリーを発見します。

怯えきったケリーがゆっくりとベッドの下を覗きこむと、キツネが潜んでいました。

パニックに陥ったケリーが半狂乱で家の外へ飛び出します。

ドレイクが追いますが、背中に刺さった矢が玄関先のピアノ線に引っ掛かり(!!!)、気絶しました。

ケリーはパニックのなか隣家の窓を叩き助けを求めますが、ヒツジのマスクを被った何者かに後ろから襲われて窓を突き破り隣家のなかに倒れこみます。

ケリーはそのままヒツジにボコボコに殴られたあげく、斧で殺されてしまいました。

ケリーの無残な死体をよそに、『Looking For The Magic』が響き渡ります。

別荘ではクリスピアンが、家の敷地を出れば電波が繋がるかもしれないと再度外へ向かいます。

ドレイクはあまりの背中の痛さに失神し続けていました。

その時家のなかにトラが現れます。

エリンはトラの斧を奪い、トラを斧でぐちゃぐちゃにしました。

どう見ても死んでいるトラに何度も何度も斧を振り下ろすエリンを見たフィリックスとジーは若干引いています。

犯人の正体

家のなかを確認して回っていたポールが物置に誰かが潜伏していた跡があるのを発見しました。

これは計画的な犯行だったのです。

フィリックスとジーが現れポールが振り向いた瞬間に、後ろからキツネに首を掻き切られてポールは死んでしまいました。

するとその時フィリックスとキツネが会話し始めます。

そう、実はこの残忍な殺人計画の首謀者はフィリックスだったのでした。

理由は至ってシンプル、金目当て。

金欲しさに家族を手にかけるサイコパスです。

というか、3人の他人を金で雇い、動物のマスクを被らせて家族を殺害するよう依頼しているのですから、自分で手も下せない腰抜けサイコパスです。

実はトラとヒツジは兄弟でした。

トラの変わり果てた姿を見たヒツジは嘆き悲しみます。

これによりフィリックスたちと犯人の3人のバランスが崩れ、仲間割れが始まりました。

動揺して隙ができたヒツジの背中を、エリンがすかさず刺します。

ヒツジは痛みで一時退散しました。

エリンの過去

エリンは立ち止まりません。

板に釘を何本も逆さに刺した武器を作り、窓の下に罠として置きます。

クリスピアンにも言っていませんでしたが、実はエリンは15歳まで山奥で厳しい訓練を受けて育ったスーパーサバイバルキャンプウーマンだったのでした。

ずっと気絶していた能無しドレイクでしたがやっと目を覚まし、ふらふらしているとフィリックスに呼び止められ地下室に連れていかれます。

フィリックスはそもそも鬱陶しかったドレイクを真正面から刺しまくって殺しました。

エリンにキツネが襲いかかりますが、エリンは窓を突き破って外へ脱出します。

その頃ヒツジが、さっきエリンが仕掛けた窓の下の罠を踏んでしまい、あまりの痛さに悶絶していました。

釘は足の甲を貫通しています。

一方ジーは、血まみれで横たわるオーブリーの横に寝そべり発情し、フィリックスを誘います。

この女が一番のサイコでした。

エリンに手こずる犯人たちの仲間割れは進み、決裂寸前でした。

『サプライズ』サプライズな結末

知識を駆使し、どうにかして警察と連絡を取ったエリンのもとに警察から一報が入ります。

その知らせを支えにさらにパワーアップしたエリンは、勢いに乗ってヒツジとキツネを殺しました。

エンジンの”かかっている”エリンは暴走機関車です。

フィリックスの頭頂部にミキサーをぶっ刺し電源を入れ、ぶち殺しました。

サイコ女ジーの頭頂部にも、自分の肩に刺さったナイフを抜き、まっすぐ突き刺して殺します。

その時フィリックスにクリスピアンから電話が。

そう、クリスピアンもグルだったのです。

しかも計画の途中でひとり外に逃げるという一番下衆な腰抜けでした。

絶望的な真実を突き付けられたエリン。

支離滅裂な言い訳を繰り返すクリスピアンを迷うことなくぶち殺しました。

その時、警察が到着。

どうみても犯人なエリンに発砲します。

突入しようとする警察に「来ちゃダメ」と言う瀕死のエリン。

しかし突入した警察は、エリンが隙をみて玄関に仕掛けていた罠にかかり死んでしまいました。

激アツスプラッター『サプライズ』

好きすぎてテンションが上がり、私見も込みで書いてしまいました。

「別荘に集まる?ありきたりだな」「動物のマスク?パージかよ」と思っていると、まさかのエリンの無双ぶりにくぎ付けになり、登場人物全員死亡により幕引きを迎える本作。

登場人物全員がキャラ立ちしており、アダム監督のホラー愛をひしひしと感じます。

観終わったあなたは『Looking For The Magic』をダウンロードすることでしょう。

長々としゃべりましたが、是非一度ご覧いただきたい傑作です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です